【企画説明】年収400万円の僕が、1年で200万貯金する。

投稿者:

さて、いきなりですが、私、天川は、今月2019年1月から、
現在年収400万円台の僕が、本当に好きなことは一切我慢せず、年間で200万円貯金する
という企画を始めたいと思います。

今回は、企画の趣旨を説明していきます。

天川の経済現状

企画の詳しい説明の前に、まずは天川の現状を説明したいと思います。

社会人3年目。年収は400万円。独身。

まず私のスペックから。
身分はごく普通の「サラリーマン」です。
年収は400万円(もちろん税前)ほど。手取りとなると当然300万円を切るので、
200万を貯めるのは簡単ではないとわかるかと思います

浪費ぐせがやばい。この2年半で貯金した金額は0円

次に、私が今までどれくらい貯金をしてきたのかというとを説明します。

現在の私の貯金額ですが、ざっくり言って100万円ほどあります。

しかし、実は親に、浪人時代の予備校台100万円を借金しています。
つまり、実質的には貯蓄は0円という状態です

しかも、今手元に持っている100万円も、サラリーマンになりたててでお金を使う余裕がなかった、最初の半年に貯めていたもの。
社会人生活に慣れてからは、もらったらもらっただけお金を使い、月次の収支がマイナス、それをボーナスで補完する、というような生活を送っています

それがいきなり、一年で200万も貯めてやろう、というのですからかなり無謀な企画だとわかると思います。

企画のルール

まずは企画にあたって守るべき最重要のルールを目標を説明します。

ルール①1年間で200万円を貯蓄する。

まず一つめのルールがこちら。まぁルールというか、目標ですね。

ちなみに、私の昨年度のボーナスが80万円ほどでしたので、これを丸々貯蓄するとして、残りは120万。つまり、1ヶ月あたり10万円貯蓄すれば、200万円を貯められる計算です。

だいたい目安ですが、基本給が23万ほど、税金・寮費(光熱費込)が10万円ほど引かれて、手元に残りのがが13万円ほどになります。

こうして見ると、結構厳しい戦いになることがわかります。

ルール②旅行・執筆活動など、本当に好きなことにかかるお金はケチらない。

この二つ目のルールが、この企画の肝とも言える部分。

これから私は貯蓄生活を送って行くわけですが、
自分が本当に好きなことだけはケチらない」ことにします。

なぜなら、いくらお金が貯まっても、好きなことができないのなら、お金なんてあっても何んの意味もないからです

「私の目標はあくまで、「好きなことをやりながらも、お金を貯める」ことです。

ということで、まずは大好きな旅行には遠慮せずにバンバン行きます。
ちなみに、もう現時点で、海外旅行2回、国内旅行2回を予定しています。

さらに、人生のライフワークである「創作活動」にかかるお金も一切ケチりません。

そんな中、手取り13万なのに、月10万貯金する。

……普通に考えると絶対無理でしょ、という話だと思うのですが、
そこは色々な知恵と努力で頑張っていきます。

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です